MENU

妊娠中の便秘を解消するにはヨーグルトがおすすめ

私は毎日快便で便秘知らずでした。
友達には便秘が続いていて辛いと言っている子がいましたが、便秘の辛さがよくわかりませんでした。
しかし、子どもを妊娠し、体質が変わったのか初めて便秘で苦しむようになりました。
妊娠中なのであまりお腹に力をいれることもできず、硬い便が出た時はお尻が切れて出血することもありました。
薬に頼るのには抵抗があったので、食物繊維の多いものを食べたりしてみましたが、一向に改善しませんでした。
ネットで妊娠中の便秘について調べていると、オリゴ糖が便秘に良いと言うことを知りました。
早速アマゾンで購入し、ヨーグルトに混ぜたり、料理に使ったり、手作りのお菓子に粉砂糖代わりにかけたりして食べました。
すると、次第に便通のある日が増え、そのうち毎日快便になりました。
お尻が切れることもなくなり、体調もとてもよくなりました。
その後無事に出産し、今では子供が便秘気味の時に乳酸菌のサプリメントを混ぜたヨーグルトを食べさせるようにしています。
母子ともに乳酸菌のおかげで快便です。


いつもは毎日すっきり快腸の私ですが、二人目を妊娠していた時は便秘に悩まされました。
普段、便秘トラブルがない分、余計に心配になってしまって、インターネットやテレビ等、色々な情報をもとに便秘対策を考えたり試したりしてみました。
産婦人科で処方されたスナイリンという便秘薬は、普段飲んだことがないので調節が難しかったのでしょう。最初、効きが悪かったのですが、「多量の水と一緒に摂取するとよい」という情報を得て、2回目は湯呑み2杯くらいの水と飲んだら効きすぎてお腹が痛くなってしまいました。

そんな中で一番効果を感じたのが「朝、フルーツグラノーラ入りヨーグルトを食べること」です。朝食時に、フルーツグラノーラ大さじ2杯にプレーンヨーグルトを50g程かけて食べるだけですが、グラノーラの食物繊維がよいのか、朝食後にトイレに行きたくなる習慣がつきました。
ヨーグルトは温めてもよいようです。電子レンジで20秒くらいなら、熱くならず常温ですがお腹を冷やさずに食べられます。

運動や薬に制限のある妊娠中だからこそ、食べ物で体調を整えられて良かったと思います。