MENU

トイレで力むのもこわい妊娠後期の便秘

普段は快便で困ったことがなかったのですが、妊娠後期になってとうとう便秘になってしまいました。大きくなったお腹が圧迫しているため、便秘でお腹が張るのか妊娠でお腹が張っているのか全く区別がつきません。トイレでも力んだせいで痔になってしまったため、便秘がますます悪化してしまいました。
運動はしていましたが、非妊娠時よりはどうしても運動量は減ってしまいます。天気のいい日は出来るだけウォーキングに出かけて体を動かしたり、無理のない体勢でストレッチをしたりしていました。運動をすれば多少はマシになりますが、改善するところまではいきません。お腹が張るのに力むことができずとても辛かったです。
そこで妊婦でも安心して飲める青汁を飲み始めました。野菜は好きなのでたくさん食べていましたが、それでも足りていなかったようですね。その青汁は明日葉を使っていましたが、むくみにも効果があるせいか飲み始めて間もなくひどい便秘が改善し始めました。とても良かったので産後も飲んでいましたが、飲んでいるとお通じの調子も良く気に入っていました。


一人目の妊娠中も、二人目のときも、妊娠後期は、まさに便秘との戦いでした。
あまり腹筋に力を入れるのも、お腹が張りそうで怖いし、
かと言って、長時間トイレにこもっていると、
痔が出てしまいそうでそれこそ恐怖です。
本当に二回とも妊娠経過もよく、
出産時も、超スピード出産で安産だった私にとって、
妊娠中の一番の悩みは便秘だったといっても過言ではありません。
対策としては、食事に気を付けるのが一番です。
ヨーグルトや食物繊維をしっかりと取ること。
そして、毎日できるだけ決まった時間に食事をとり、
生活リズムを整えて、お通じの時間を一定にしてしまうことが、
私にとっては、便秘解消の近道でした。
それでも、どうしようもないときは、産婦人科で相談すると、
妊娠中でも使える便秘薬を処方してもらえますよ。